News
パソコンを使用している男性

モバイルユーザビリティはモバイルサイトでSEO対策の基本とも言えるもので、考え方や理解的なものが同様となります。Googleで評価される順位でYahooにはない要素もあります。モバイルユーザビリティは、モバイルユーザーによってサイトの使い勝手を評価するもので、Googleはモバイルユーザビリティを高めるための姿勢を見せています。
ユーザーがコンテンツ内で水平方向にスクロールすることや、画面を表示しなくても全体を表示させることが可能な情報です。小さな画面でも読みやすく拡大や縮小が自由自在なフォントで、SEOなどの要素同士が十分に離れているのでタップしやすいコンテンツとなります。マーケティングでもSEOを重視した資格やデザイン・モーションを採用していることが特徴です。タップしやすいボタンに変更することは、Googleでリンク先の情報や内容を反映していることが大切になります。これはアップデートする際にも内部リンク構造を最適化する時に、モバイルユーザビリティの問題点を理解する点と似ています。
アップデートはモバイルユーザビリティに問題がある場合、そのページと問題点を具体的に指摘する機能がついていることが特徴です。ウェブマスターツールでも検索トラフィックから、モバイルユーザビリティでタップすると順位に影響することがあり、リンクやボタン同士がコンテンツ内で近すぎることが問題となっています。誤って違うボタンを押してしまう可能性も高くなり、レイアウトの大きさやYahoo内でもデザインをアップデートする必要性が出てきます。マーケティングの観点から見ても、Yahooの検索エンジンはGoogleのものを借りていて、基本的にGoogleでSEO対策が実施できていれば良いということになります。
しかしYahooではオリジナルで保持しているコンテンツ・提携先情報などの検索結果を差し込むことが普通なので、理解しながら進めていく必要があります。現在のSEOは以前と比べると、本質的なものがあり本来あるべき姿に近づいてきています。基本的な理念は変更されていませんが、全てはユーザーのためという考え方を徹底しているということです。一つのことを極めていき、何事にも素早く対応することが基本となります。ウェブを使用していることが機能しており、たくさんの情報を拾っていくことができます。これらを基本としたマーケティングを進めていくことが目的です。

記事一覧

SEOに強い記事とは、検索順位で上位表示されるためにユーザーの利便性に配慮し作成したコンテンツのこと...

モバイルファーストインデックスは、どのようなキーワードで検索した時にどのようなページを表示するのかと...

Googleのアルゴリズムがアップデートされますが、年々厳しくなってきています。大規模なアップデート...

サイトを閉鎖するなどの理由でドメインが不要になった時は、ドメインの所有権を捨てることもありますが、ア...

中古ドメインは他の人が何かの理由で有効期限が来ても更新をせず、手放すことになった誰でも取得することが...

中古ドメインは、今まで運用されていたサイトの検索エンジン評価や被リンク・トラフィックなどを引き継ぐこ...

中古ドメインの販売サイトでは、一度期限が切れたものがドロップキャッチがセールとして販売されていること...

アフィリエイトサイトはサイトに対して狙っているキーワードで、検索順位はサイト運用を行うために重要です...