• ホーム
  • 【SEO対策】最低限これだけはやっておこう

【SEO対策】最低限これだけはやっておこう

モバイルファーストインデックスは、どのようなキーワードで検索した時にどのようなページを表示するのかということがあります。検索順位などをどのように位置付けるかを判断することも、モバイルサイトをもとにして行なっています。Googleが発表しているモバイルファーストインデックスは、SEO対策での検索エンジンをパソコンサイトの内容をもとにしてインデックスするコンテンツの質の評価です。スマートフォン対応のサイトを評価の主軸にすることで、サイトマップをインデックスにするという方針に転換されています。主軸としてモバイルフレンドリーがありますが、サイトマップやタイトル・キーワードのわかりやすさなどが目安になっています。
検索エンジンが派遣しているクローラーが、ページの内容を詳しく読み取ってデータベース内に整理しながら登録する状態のことが挙げられます。これらの情報をもとにしてタイトルなどの検索エンジンは、とあるキーワードで検索されるとこのページを表示しようという判断を行います。被リンクもこれに対応しており、検索結果の順位決定を行いモバイルファーストインデックスが適用されたサイトになります。クローラーはスマートフォン専用のサイトに巡回することもあり、検索エンジンの被リンクなどのデータベースをもとにしてインデックスにしています。
SEO対策でも欠かせないHTMLや最適化がされているサイトでは、今後もパソコンサイトだけではなくスマートフォン専用サイトのコンテンツが判断基準となりつつあります。パソコンサイトがメインであれば、そのインデックス方式と比べながらモバイルファーストインデックスの詳細を調べていくことになります。今までGoogleではパソコンサイトのページをもとにして、HTMLなどのクオリティを判断してきました。スマートフォン専用サイトでのページ内容は、メインサイトの判断材料とはなっていないことが言えます。検索するときはモバイルフレンドリーが主軸になり、補正されることで検索順位を調整しています。
スマートフォンで検索される場合は、パソコンで検索するときと同様で結果を表示していたことがありません。画像の大きさや文字・レイアウトやスマートフォンの画面に最適化するので、ユーザーが簡単に見ることができるスマートフォン対応のページを検索順位の上位に表示させます。それとは反対にスマートフォンに対応していないページは下落する可能性があります。