• ホーム
  • この数年、GoogleSEOが難しくなっている件

この数年、GoogleSEOが難しくなっている件

Googleのアルゴリズムがアップデートされますが、年々厳しくなってきています。大規模なアップデートも行われていて、検索順位も大きく変わりつつあります。これらを踏まえながらコンテンツやユーザーの概要・影響で、SEO対策の方針について考えていく必要が問われています。
アルゴリズムのアップデートはGoogleが検索順位のベースとなっている部分を見直すことで、内容もしっかりと変更されることが多いです。サイトの検索順位に影響することで、タイトルやコンテンツや内部リンクなどの状況を調べます。検索競争に必要とされる対策を知ることが最も有効で、最近のアップデートに関しては、年に数回実施されることもあり状況変化し頻繁に行われています。素手の検索順位で上位に表示されている場合を含め、いつもより多いキーワードで順位が上昇している変化もあります。
上昇しているキーワードの数が一般的には40から50とされていますが、アルゴリズムのアップデートにより80近くものキーワードが順位上昇しています。ユーザーから見てもこうした状況が続いていることで、アルゴリズムのアップデートによる検索順位への影響の大きさが伝わります。たくさんのキーワードで順位上昇させることは、ドメインパワーを高めることが近道です。高め方としては1ページ・1キーワードで選定してコンテンツの対策をとっていきます。ユーザー同士の競争を検索意図として、信頼性やユーザビリティ。クローラビリティや被リンクなどの側面を考慮します。コンテンツを増やしていくことで、最も信頼できるサイトを構築していくことが、SEO対策を高める上でポイントとなります。
このドメインパワーが強くなっていくと、上位化しているキーワード順位がさらに上昇するケースもあり、上位化していないキーワードについても順位が大幅に急上昇することがあります。キーワードに付随しているたくさんのキーワードが、検索エンジンに認識されることや、検索結果に複数表示されることが珍しくありません。こうすることで平均的にも検索順位が上がり、検索表示回数も増えるので検索流入がかなり上昇することもあります。アルゴリズムのアップデートによる影響は毎回大きなものとなりますが、検索順位やトラフィックが激減したり激増するサイトが多く見受けられるのも最近の状況です。順位が下落することもありますが、トラフィックが下がっているサイトについては根本的なSEO対策を見直すきっかけとなります。