• ホーム
  • ドメインオークションを利用する時の注意事項

ドメインオークションを利用する時の注意事項

パソコンで説明している女性

中古ドメインは他の人が何かの理由で有効期限が来ても更新をせず、手放すことになった誰でも取得することができるドメインのことで、ドメインオークションでも取り扱っています。ページランクや被リンク・ペナルティなどの履歴を受け継ぐことになるので、良い面と悪い面があります。入札する時は入札額をそのまま入金する必要がありますが、クレジットカードや振込にて入金することで入札が行えます。
入札ができない場合そのまま入札金額は残りますが、返金されないので注意が必要です。ドメインを購入したりサーバーレンタル・サポートなどで消費することになります。中古ドメインが引き継ぐものは良い面だけではなく、ペナルティが課されていることも引き継ぎます。これはwhois情報を使用して確認することができ、できるだけ良いページランクのものを選択します。有効期限切れになってもサポートを受けていないということで、ドメインオークションごとに設定されている最適落札価格や希望落札価格を設定しています。
最低落札価格は出品者がこの価格よりも高く売りたいとして、提示しているものでこれ以上になれば落札されるという仕組みです。希望落札価格は即決価格と言われるもので、この価格であればその場ですぐに手に入れることが可能という理由です。whois情報でしっかりと情報を確認した後に、入札をすることが必須で購入した後に気がついては遅いケースがあります。ドメインオークションを使用することで、最低落札額や希望額に届いていないこともありますが、終了した時に出品者はその金額で取り引きするか確認していきます。
確実に購入に繋がるかわからないため、不利な設定になっているので提示されているドメインを購入することが有利です。オークションが終了した時に、出品者が放置してしまうというケースもあり、有効期限も切れてしまうということもあります。出品者には購入をして落札者には使えないドメインがくるというリスクも考えられるので、慎重に行っていきます。
中古ドメインには基本的にページランクの良いものと悪いものが存在しており、悪いドメインを手に入れてしまうと何もメリットを得ることができません。メールを送っても迷惑メールに分類されるケースもあり、利用するには少し厳しい面があります。過去にペナルティが課されているドメインは、ブラックリストに入っていないかwhois情報で確認します。