• ホーム
  • 中古ドメインのオークション【ドメインオークション】

中古ドメインのオークション【ドメインオークション】

色々なSNSのアイコン

中古ドメインは、今まで運用されていたサイトの検索エンジン評価や被リンク・トラフィックなどを引き継ぐことが最大のメリットです。すでに中古ドメインが所持しているこれらのパワーを活用することで、集客率を引き上げることができます。該当するドメインの名前に対して落札者が2名以上いる場合は、登録者を決めるためにオークションを行います。
受け付けているドメイン名の入札は誰でもすることができ、複数の出品や料金などを初めに申し込んだ場合落札権利者として開始します。オークションが終了したあとは、登録希望金額を提示しドメイン名の登録者と任命されます。入札がない時はバックオーダー申請者で、初めに申し込んだ時に登録者となります。申請された内容はどのようなことがあっても、キャンセル・取り消しなどができないことが大きな特徴となります。申し込みした後にも料金や、申請内容を変更することができないことが決まりです。SEO対策としてドメインオーソリティの中古ドメインは、被リンク対策用としてのサテライトなどに活用されます。
中古ドメインは基本的に高収益アフィリエイターがサイトの構築に活用するケースが多く、新規で取得できないサービス名や商品名にあったドメインを中古で見つけやすいというメリットがあります。ドメイン名を確認し、オークションが始まる前に探しておきます。出品されているドメイン名は誰でも入札することができ、バックオーダー申請をしてない場合でも、参加ができるという特典があります。入札単価は低めでオークションが終了する時に、最高額で入札している人が最終的な落札者となっています。もし落札ができた場合は、登録メールアドレスに完了した旨のメッセージが届きます。
ドメイン名の購入料金は、登録しているクレジットカードで自動引き落としされることが一般的です。予算の上限で入札するテクニックがあり、他の人が参加してきた場合上限料金の範囲内で自動で金額を上げていく仕組みがあります。予算内で自動更新をしてくれるので、価格を入念に確認する手間が省けます。
価格の更新が確認できない時でも自動で行ってくれるので、人的ミスを省くことができるのも良い点です。オークション対象となるドメイン名は全て中古ドメインで、過去に運営されていたものの評価を自動的に引き継ぐことができます。事前予約の申請をしていなくても参加できるというメリットがあり、数字のみや単語のみ・3文字などの短いドメイン名があります。新規で取得が難しいとされる珍しいドメイン名も、入手する確率が上がります。