• ホーム
  • 使わなくなった中古ドメインの相場とは?

使わなくなった中古ドメインの相場とは?

サイトを閉鎖するなどの理由でドメインが不要になった時は、ドメインの所有権を捨てることもありますが、アクセス数も多いサイトで情報量も多ければ中古ドメインとして高値でドメイン売買をすることが可能です。ドメイン売買はあまり有名ではありませんが、中古ドメインはこのようなところで取り扱われています。中古ドメインの価値も調べるツールがあるので、評価の良いものはそのツールによって知ることが可能です。
ドメインを販売したい時は販売サイトで売却取引を行うこととなり、売買額を設定していきます。買取価格としては100円から10万円ほどの価格で選定され、ドメインの価値を売却する前に調べることもできます。ドメイン売買は国内でも有数の販売サイトが、仲介を行い買取相場などを決定しています。ドメイン取得のサービスとしても存在している取引は、使わなくなったドメインをオークションに出品するシステムも導入します。
人気や価値の高いドメインは売買額がとても上がり、手放す良い機会となります。ドメインは長期にわたり運用するにあたって、付加価値がつくこともありこれは大きな資産となる可能性があるので、ツールなどを使って調べてみることも可能です。買取価格の相場は販売サイトによって異なりますが、100円から10万円ほどになり買取価格の基準はサイトの運用期間や情報量から決まります。
またアクセス数やSEO対策に有利な面があるかも価格に反映されています。これに踏まえてユーザーからの信頼を一定数獲得しているサイトは、買取価格が必然的に高くなる傾向があり選定されます。それとは反対にサイトの更新頻度が低く、情報量も少なめで内容が薄くアクセス数も少ないものは、買取相場も低くなっています。
サイトの価値を測定するサービスもあり、ドメイン名を入力すれば大まかな売買額が表示されます。サイトの内容を踏まえてのものとなり、解説されていない新規のドメインの価値が逆に数十万円が相場となっています。有力サイトが開設されていたとされる中古ドメインでは、価値が数百万円から数千万円まで跳ね上がるケースもあるので侮れません。
販売サイトの中にもこのような価値が見出されないまま、ひっそりと売れ残っておるものがあります。これが実は以前に有名サイトとしてのドメインで、高い価値を持っている可能性がある可能性も知っておきます。様々なツールで中古ドメインの価値を調べることも可能です。