• ホーム
  • SEOライティングを意識しよう

SEOライティングを意識しよう

SEOライティングはマーケティングに特化しており、ユーザーと検索エンジンの両方にメリットのあるサイトを構造していくことは大切です。検索結果の上位表示によって、多く露出させるための方法で技術や手法にはコツがあります。大切なことはユーザーのみを意識したSEOライティングをするのではなく、検索エンジンだけを意識するのでもなく、両方にわかりやすい表現方法を使っていくことを意識します。
SEOを意識しすぎてユーザー側から見ると不自然な文章になっている可能性もありますし、テキスト量や画像の量は多いが全く内容がユーザーに伝わっていないというケースもあり本末転倒となります。マーケティングで重視することは、ユーザーありきのことだと知っておくことです。クローラーの特徴をこれをベースにして理解することで、スムーズにSEOライティングの作成に取りかかることができます。テキストやタグ、表現方法によって重要度が変わってくるのですが、ページ内の重要な要素はクローラーに全てのデータを平等に扱わせることは不可能です。
ここで重視される順番は大枠として考えると、クローラーによって重視される部分へキーワードを含めることで上位表示の可能性が高まります。コンテンツや画像の関連性は大切ですが、SEOライティングにおいても重要なタイトルとなっています。上位表示を狙っているページのタイトルには、必ず全てのものを含めるようにしておいた方が確率が高くなります。できる限りキーワードはタイトルの前方に位置させ、タイトル全体から見ても短い方が判定しやすくなります。ユーザーがこれを見た時に、理解しやすいコンテンツか・リピートしたいか・自然な日本語かということも注意して見ます。
検索結果の画面で表示されているタイトル限界文字数は、目安としてパソコンは30文字から33文字と言われています。モバイルの場合はサイトによって異なりますが、30文字以内に収めることを目標としていれば間違いないです。基本的にタグは1ページあたり1つとされていて、メインコンテンツの見出しは次の段落から始めることができます。複数でタグを使っても問題ないとされますが、それはあまり一般的ではなくリスクが高いと言えます。クローラーに文章構造を伝える目的として、スタンダードな方法を採用することが一つの指標となります。見出しはページ内でも最も重要視されている部分で、上位表示を狙っているキーワードと関連したものを入れることが最善です。